/

この記事は会員限定です

欧州通貨が下落基調 ウクライナ情勢への懸念で

[有料会員限定]

外国為替市場で欧州通貨が下落傾向にある。ロシアによる威嚇で緊迫するウクライナ情勢を背景に、21日にはユーロが対円で一時1ユーロ=128円台とおよそ1カ月ぶりの安値をつけた。ロシアがウクライナに侵攻するという地政学リスクを意識し、投資家が欧州通貨への慎重な姿勢を強めている。

ユーロは対ドルでも一時1ユーロ=1.13ドル近辺とおよそ2週間ぶりの安値で推移した。ロシアが侵攻した場合、米欧は厳しい経済制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り354文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン