/

この記事は会員限定です

グロース投資家、半身の買い 金利警戒も割安さで選別

小池颯

[有料会員限定]

金利上昇局面で大きく打撃を受けたグロース(成長)株投資家が、「半身」の姿勢で買いの機会をうかがっている。バリュエーションの低さや、新型コロナウイルス禍の沈静化後も変わらぬ利益成長に着目し、昨年後半から大きく下落した中小型成長株の一部に資金が戻りつつある。世界的な景気減速を意識しつつ、銘柄選別の動きを進めようとしている。

スパークス・アセット・マネジメントの猪俣和則ファンドマネージャーは、同社の中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スクランブル

株式市場の日々の動きと要因、見通しなどを緻密な取材を元にわかりやすく分析、解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン