/

この記事は会員限定です

省エネ住宅、減税・補助金をフル活用 光熱費約6割減も

[有料会員限定]

原油価格の上昇や円安で家計の光熱費負担が増える中、省エネ住宅に注目が集まっている。断熱性能が高く高効率給湯機などを備える省エネ住宅は光熱費を大幅に減らせる。将来は住宅を建てる際、国の省エネ基準をクリアすることが義務付けられる。従来の住宅に比べ建築費がかさむため、減税や補助金といった様々な支援策が用意されている。

2022年6月に建築物省エネ法などが改正され、25年度から住宅の新築では断熱性能など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン