/

この記事は会員限定です

財務省、国債の応札義務を見直しへ 安定発行狙う

[有料会員限定]

財務省は国債の入札に有利な条件で加われる「国債市場特別参加者(プライマリーディーラー=PD)」に課す応札義務を見直す。これまで発行予定額の5%以上としていたのを「発行予定額を資格保有社数で割った額」に改める。特別参加者が減っても国債を安定的に発行できる環境を整える狙いがある。

2022年4月にも導入する。PDの資格は21年5月にUBS証券が返上した。16年には三菱東京UFJ銀行(現三菱UFJ銀行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り335文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン