/

この記事は会員限定です

ファンドラップ、資産運用会社が参入 フィンテック活用

(更新) [有料会員限定]

証券会社が主に提供してきた資産運用サービス、ファンドラップ市場に運用会社が直接参入しようとしている。三井住友DSアセットマネジメントは2023年度上期に個人向け商品を投入する。ニッセイアセットマネジメントなど大手も取り扱いを始めた。日本株で運用する投資信託の人気が凋落(ちょうらく)するなか、フィンテックを活用することで中長期で保有できる金融商品としたい考え。かねて指摘される手数料の高さを解消でき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1657文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません