/

この記事は会員限定です

米運用会社が日本拠点、金融庁の開設手続き支援を活用

フェデレーテッド・ハーミーズの堀井渉・在日代表に聞く

[有料会員限定]

米運用大手フェデレーテッド・ハーミーズは6月、同社として初の日本拠点を都内に開き、金融庁から投資助言・代理業の認可を受けた。欧米やアジアで事業展開して運用資産残高は約85兆円ある。今後は日本で年金を中心に機関投資家向けのサービスを拡充していく方針だ。三井信託銀行(現三井住友信託銀行)出身で外資系運用会社などで年金ビジネスに携わり、2021年12月からフェデレーテッド・ハーミーズの日本オフィス立ち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1040文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン