/

この記事は会員限定です

ギグワーカー株に売り 各国で労働者保護、収益悪化意識

[有料会員限定]

各国の株式市場でライドシェアの運転手や料理宅配サービスの配達員など、単発で仕事を受ける「ギグワーカー」の関連銘柄に売り圧力が強まっている。新型コロナウイルス禍を受けた巣ごもり需要で買いを集めたが、足元では軒並み年初来高値から2割超安い。経済再開による需要剝落に加え、各国でギグワーカーを保護する動きが広がり、人件費の高騰が嫌気されている。

米配車大手のウーバーテクノロジーズの20日の終値は49.3ド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り955文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン