/

この記事は会員限定です

東京海上系とアクサ、変額保険の手数料下げ 投信に対抗

[有料会員限定]

東京海上日動あんしん生命保険とアクサ生命保険は運用成績で受取額が変わる変額保険の信託報酬を下げる。運用手数料に相当するもので、投資信託業界では資産残高の積み上がりに伴う投資効率の向上を背景に信託報酬の引き下げが相次いでいる。同じ資産形成層を対象にした変額保険にもコスト低下圧力が波及してきた。

変額保険は投資対象とする投信を組み替えながら保険料を運用する仕組み。運用実績に応じて満期時の保険金や解約返...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り532文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン