/

この記事は会員限定です

コロナ禍、地銀再編促す SBI、筑波銀と資本提携

公的資金返済に遅れ 福邦、福井銀の子会社に

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍が地銀再編の背中を押している。経済縮小に拍車がかかる中、リーマン・ショックや東日本大震災の危機時に傷ついた地銀・第二地銀が再編へ動き出した。SBIホールディングス筑波銀行が資本業務提携する。福邦銀行は14日、福井銀行の子会社になることを発表する。同日、青森銀行との経営統合を発表するみちのく銀行、筑波銀、福邦銀は公的資金注入行。自力返済が難しくコロナ後に待ち受ける企業支援を強化するため再編に動かざるを得なくなった。

SBIと筑波銀行は近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1668文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン