/

この記事は会員限定です

新興株に売りの連鎖、IPO公開価格割れで個人痛手

長江優子

(更新) [有料会員限定]

新興企業株の売りの連鎖が止まらない。米連邦準備理事会(FRB)による利上げ懸念から海外機関投資家の資金引き揚げが進むだけでない。新規株式公開(IPO)の初値が公開価格を下回るケースが相次ぎ、個人投資家は損失を膨らませている。押し目買いどころか保有株の投げ売りを迫られている。

「資産の8割を電気自動車(EV)関連の日本電解など新興株に投資していたが、痛い損失が出た」。都内の30代個人投資家はこう話...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン