/

この記事は会員限定です

「偽グリーン」排除へ 金融庁、脱炭素へ市場整備

[有料会員限定]

金融庁は脱炭素を金融面で後押しする取り組みを強化する。環境配慮を装って実態が異なる「グリーンウオッシュ」が国際的に問題になる中、東京証券取引所と連携して投資家が安心してグリーンボンド(環境債)に投資できる仕組みをつくる。環境対策を進める企業の資金調達を支える「移行債(トランジションボンド)」市場の使い勝手もよくし、円滑な資金の手当てを通じて脱炭素の取り組みを加速するよう促す。

環境債は国ごとに認め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1094文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン