/

この記事は会員限定です

農林中金、CLO投資圧縮 国際規制を警戒

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

50兆円強の資産を世界で運用する農林中央金庫が、高利回り商品として知られるローン担保証券(CLO)への投資を圧縮している。9月末の保有残高は約4兆8000億円と、2019年のピークの約8兆円から4割減らした。リスク管理を強化すると同時に、世界の金融システムに影響を与える金融機関に選ばれるのを回避する思惑がありそうだ。

CLOとは低格付けの企業向けローン(レバローン)を裏付け資産とする証券化商品だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1507文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン