/

この記事は会員限定です

「中銀プット」なき米株相場 大恐慌以来8週連続下落

[有料会員限定]

米国の株式相場が歴史的な下げに見舞われている。ダウ工業株30種平均は90年ぶりに8週続けて下落した。新型コロナウイルス下の大規模な金融緩和によって押し上げられた株価が、その支えを失って下げ止まりにくくなっている。株価が急落すれば米連邦準備理事会(FRB)が下支えに動くという「中銀プット」は、インフレが猛威を振るう中で期待しにくくなっている。

ダウ平均は20日までの1週間で、前の週から934ドル(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン