/

この記事は会員限定です

アート収益を寄付 グラコネ、分散型台帳で競売

[有料会員限定]

事業マッチングを手がけるグラコネ(東京・渋谷、藤本真衣社長)は著名なアーティストのデジタルアート作品からあがる収益を社会貢献活動に寄付するプラットフォームを立ち上げる。ブロックチェーン(分散型台帳)技術に基づく非代替性トークン(NFT)と呼ばれるデジタル資産をオークションにかけることで、寄付資金を捻出する。

名称は「クリプト・アート・タウン」。著名なアーティストのデジタルアート作品をコピー不可能...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン