/

この記事は会員限定です

TOTO・ソフトバンクGの株価急落 中国事業のリスク警戒

(更新) [有料会員限定]

21日の東京株式市場で日経平均株価が急落し、一時、3万円の節目を下回った。下げ幅は前週末比600円を超える場面があった。中国の不動産大手、中国恒大集団の資金繰り懸念を背景にした世界的な株安の連鎖が続いている。海外の短期目線のヘッジファンドなどがリスク回避の売りを急いだ。TOTOやソフトバンクグループなど中国への投資や受注の多い中国関連の日本株が大きく売られている。

「海外の短期目線のマクロ系ヘッジファンドが日本株への...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン