/

この記事は会員限定です

新生銀行の買収防衛策、否決の公算 国側「賛成せず」

[有料会員限定]

国は、SBIホールディングスによるTOB(株式公開買い付け)に対して新生銀行が発動を目指す買収防衛策に賛成しない方向で調整を始めた。新生銀は25日に開く臨時株主総会で買収防衛策で出席株主の過半数の賛成を得ることを目指しているが、国の賛同が得られず否決される公算が大きくなっている。

預金保険機構が金融庁との協議を経て最終的に決める。反対か棄権する方向で検討しており、同日の総会後に判断理由などを説明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り769文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン