/

この記事は会員限定です

若い世代も「妊活」 妊娠前の健康管理、企業が注目

[有料会員限定]

4月に不妊治療の保険適用範囲が拡大し、体外受精など高度な治療の経済的なハードルが下がった。世帯収入の少ない20~30代前半の若年層も治療を受けやすくなってきている。日本の不妊治療患者は他国と比べて高齢の傾向があるが、若い世代に妊娠・出産に備えた健康管理を呼びかけたり、知識を提供したりする動きも出てきている。

「若い世代が不妊の話しやすく」 保険適用範囲の拡大で

「まさか自分が治療を受けるとは思わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2337文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません