/

この記事は会員限定です

32年ぶり円安「円、さらに下げ余地」 市場関係者に聞く

(更新) [有料会員限定]

21日の外国為替市場で円相場が1ドル=151円台に下げ、1990年以来32年ぶりの円安・ドル高水準を更新した。市場関係者に年内の相場見通しを聞いたところ、米国の金融引き締めが当面続くとの想定のもと、155円程度までの下げ余地を見込む声が多かった。日本株については海外の景気減速の逆風は受けるが、円安による収益押し上げ効果を支えに底堅く推移するとの予想が目立つ。

世界の金融市場では米連邦準備理事会(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り991文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません