/

この記事は会員限定です

世界の投信、最高の160兆円流入 株のパッシブ化加速

Review 2021①

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍や金融緩和の縮小に揺れ動いた2021年のマーケットを振り返る。初回は投資信託。世界の株式と債券に投資するファンドへの流入から流出を差し引いた純流入額は合計で1.4兆ドル(約160兆円)と、過去最高を更新した。けん引したのは株価指数に連動する「パッシブ」運用だ。緩和マネーが追い風になった。ただ、個別企業の分析を通じた適正な株価が形成されにくくなる懸念がある。

米調査会社EPFR...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1249文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン