/

この記事は会員限定です

広域豪雨、異常気象に挑む損保テック 人海戦術も効率化

[有料会員限定]

日本列島が異例の長雨に襲われ、被害を補償する損害保険業界も対応に追われた。近年の異常気象による自然災害の頻発を受け、保険各社は人海戦術と最新のテクノロジーを駆使して迅速な保険金の支払いを進めようとしている。

8月11日ごろから断続的に降り注ぐ大雨。あいおいニッセイ同和損害保険の高橋浩一・損害サービス業務部長は東京・恵比寿の本社や自宅で繰り返しcmapの被災建物予測棟数を注視していた。cmapとは同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン