/

音声で学ぶ「ふるさと納税」 被災地支援にも広がる

REINAの「マネーのとびら」第13回 ふるさと納税

皆さんは「ふるさと納税」をされていますか? ポッドキャスト「マネーのとびら」、第13回のテーマはふるさと納税です。素晴らしい面・悩ましい面を併せ持つこの制度を、米国出身タレントのREINAさんと一緒に詳しく見ていきます。解説は日経マネー発行人の大口克人です。

ふるさと納税は実質2000円の負担で任意の自治体に寄付ができる、世界的にもユニークな制度です。一定の限度額内であれば出した寄付金のほとんどが「所得税・住民税が安くなる」という形で後日戻ってくるうえに、自治体から寄付額に応じた返礼品(へんれいひん)というお礼の品が贈られることが多いからです。自分ではちょっと買えない高級食材がもらえることもあり、家計の足しになるお得な制度として知られていますが、実はふるさと納税の魅力はそれだけではありません。一番大きいのはこの制度を通じた「地域の活性化」ですが、寄付金の使い道を「○○市の子供の教育のために」などと自分で指定できることも大きなメリットです。

また近年では日本の各地で地震や豪雨による水災などの被害が発生していますが、何か起きるとすぐふるさと納税のポータルサイトでは「令和3年9月豪雨」など、被災地への寄付金の窓口が作られます。我々はこの窓口からふるさと納税と同じ手順で、被災地に直接支援金(寄付金)を送ることができるのです。例えば老舗ポータルサイト「ふるさとチョイス」の「令和3年7月豪雨」の支援には既に1万3000件近い寄付があり、寄付総額は2億5000万円近くに達しています。ふるさとチョイスでは他にも自治体が抱える問題解決のため、ふるさと納税の仕組みを使ってクラウドファンディングを行う「ガバメントクラウドファンディング(GCF)」も始めており、犬や猫の殺処分ゼロをめざす事業、厳しい経済環境にある子供に食事を届ける子供宅食事業など、多くの事業に直接寄付することができます。

一方、ふるさと納税は自治体(特に大都市の自治体)にとっては「財源の流出」という問題につながります。本来は住んでいる自治体に入るはずの税収が、住民がふるさと納税をすればするほど他の自治体に流出してしまうからです。これには国から地方交付税という補填があり、税収の減少を75%まではカバーできるのですが、不交付団体といってこの地方交付税を受け取れない自治体もあるのです。また、納税者1人当たりの寄付額に明確な上限がないため、高額納税者ほど有利な制度になっているという批判もあります。こういった問題はふるさと納税愛好家も一度は考えておく必要があると思います。

後半の人気コーナー「American Money Life」では、米国の公共交通事情についてREINAさんに解説してもらいました。ニューヨークのタクシー、イエローキャブの初乗り料金は2.5ドルで、チップが加算されても東京の410円より安いようですが、それでも近年はUber(ウーバー)やLyft(リフト)などのライドシェアサービスに押されて苦戦しているそうです。「これらは料金はタクシーより高いのですが何かと便利で、運転手と知りあって親しく会話したり時には飲みに行ったりなど、これまでにない体験ができます。それが受けて、最近は地下鉄やタクシーをやめてウーバーだけにしたと言う知人もいます」とREINAさん。一方、ニューヨークの地下鉄は近年クリーンにはなってきたものの、深夜には警察官が乗ってパトロールしなければならないとか、全米をつなぐ長距離鉄道のAmtrak(アムトラック)は事故や遅延が頻繁だといった、米国交通事情の問題点も紹介されました。「日本人は自国のことを悲観的に捉える人が多いようですが、公共交通の優秀さだけでも、もっと自信を持っていいと思います」とのことでした。

「REINAのマネーのとびら」は毎週木曜日(祝日の場合は水曜日)、日経電子版やAppleのPodcast、Spotify、amazon musicなどのプラットフォームで公開します。

■下のプレーヤーで聞く(会員登録や料金は必要ありません。再生ボタンを押すと音声が流れます)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

マネーのとびら

「マネーのまなび」のポッドキャスト番組。米国出身のタレントのREINAさんが日経電子版の記事から気になった身近なお金まわりのニュースを選び、日経の「マネーの達人」がわかりやすく解説します。続けて聞けば、いつの間にかマネーの知識が身に付きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン