/

この記事は会員限定です

ユーロ、対ドル9カ月ぶり安値 独選挙に不透明感

[有料会員限定]

外国為替市場でユーロが対ドルで下値を探っている。19日の東京市場では一時9カ月ぶりの安値となる1ユーロ=1.16ドル台後半まで下落し、20日の同市場でも1.17ドルを下回る水準で推移した。米欧の金融政策の方向性の違いに加え、ドイツを中心とした政局を巡る不透明感がユーロ相場の重荷となっている。

ユーロは対ドルで7月末の水準から1%程度下落し、2020年11月以来の安値圏にある。三菱UFJモルガン・ス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン