/

この記事は会員限定です

ヘッジファンド、1~3月マクロ型好調 米金利上昇で好機

[有料会員限定]

ヘッジファンドの中で金融政策などマクロ経済の分析を前提に投資する「グローバル・マクロ」という戦略の運用成績が伸びている。2022年1~3月はヘッジファンド全体の成績がマイナスに陥る中、マクロ型は大幅なプラスだった。22年は各国で金融引き締めが進み金利が上昇(債券価格は下落)している。この動きを見込み、債券をあらかじめ売る戦略などが成果を上げた。

米調査会社ヘッジファンド・リサーチ(HFR)による...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り924文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン