/

この記事は会員限定です

不動の社債熱、低成長映す 「日銀離れ」でも投資需要

佐伯遼

[有料会員限定]

世界的な国債金利上昇が続くなか、国内社債のスプレッド(上乗せ金利)は低位安定が続いている。取り合いになっていた社債を投資家が買い遅れており、下期も堅調な需要が続くとの見立ては多い。長引く低金利で少しでも利回りが高い社債に人気が集中する状況は続き、日本経済が低成長・低インフレから抜け出せない現実を映し出す。

「2021年度は社債を300億円積み増す計画だが、上半期には100億円しか買えなかった」。富...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1068文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン