/

この記事は会員限定です

G20分断や徳政令発動? 意外に当たる「次」の大胆予言

[有料会員限定]

ロシアによるウクライナ侵攻、米連邦準備理事会(FRB)の急激な「タカ派」化、1ドル=130円に達する円安進行。想定外の出来事が市場を揺らしている2022年だが、実は年初に日経ヴェリタスが行ったアンケートで、こうした波乱を的確に言い当てていた識者がいた。今年後半、または来年以降に市場を揺らす出来事は何か。予想的中の賢人に再び大胆に「予言」してもらった。

「G20サミット、西側諸国がボイコット」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン