/

積み立て投資のリターン 10年で資産倍増も

投信番付

積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)に利用できる投資信託を対象に、過去10年間の積み立てリターンでランキングしたところ、成績上位の投信では評価額が元本の2倍になった。複数の資産に分散投資する「バランス型」でも1.5倍超の成果を上げた。

つみたてNISAは2018年のスタートで、バックテストの意味合いがある。投資対象別にみると、リターンは海外株、日本株、バランス型の順に高かった。全体の首位は米国株に投資する「フィデリティ・米国優良株・ファンド」。元本100万円(毎月8333円ずつ積み立て)が10年で215万円になった。

日本株では日興アセットマネジメントの「年金積立 Jグロース(愛称:つみたてJグロース)」の評価額が179万円で最も大きくなった。バランス型の首位は「のむラップ・ファンド(積極型)」で、評価額は159万円だった。世界の株式、債券、不動産投資信託(REIT)に分散投資する。

(QUICK資産運用研究所 西田玲子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン