/

この記事は会員限定です

菜種先物、11カ月半ぶり安値 カナダで供給増観測が浮上

[有料会員限定]

菜種油の原料となる菜種の国際価格が下落している。19日の米インターコンチネンタル取引所でウィニペグ菜種先物(期近)は反落し、一時1トン828カナダドルとおよそ11カ月半ぶり安値を付けた。主産地のカナダで収穫期を控え、供給が増えるとの観測が強まっている。

カナダでは8月から菜種の収穫が本格化する。今後供給が増えるとの見方が市場で広がっている。カナダで生産が盛んなマニトバ州の直近の作物週報によると「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン