/

ビットフライヤーがIEO事業 トークン発行で調達支援

暗号資産(仮想通貨)の交換業大手のビットフライヤー(東京・港)は23日、トークンの発行で資金調達をするIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)事業に参入すると発表した。第1弾はSNS(交流サイト)を運営するナナメウエ(東京・港)が資金調達を予定している。調達規模や実施時期は未定だ。

IEOは企業などがトークンを発行して資金調達をする仕組みで、仮想通貨交換業者が審査や販売をする。1号案件ではナナメウエが新しいトークンを発行する。ビットフライヤーが売り出して価格を決定し投資家に販売する。ナナメウエは調達した資金を開発やマーケティングなどに充てる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません