/

この記事は会員限定です

暗号資産急落、市場の波乱要因に 機関投資家が増幅

[有料会員限定]

暗号資産(仮想通貨)の価格急落が金融市場の波乱要因となっている。ビットコインは中国の規制強化の動きなどを引き金に、米国時間19日に一時30%下落。4月に付けた6万4800ドル台の最高値からわずか1カ月で半値に沈んだ。カネ余りを背景に投資熱が世界で高まり、プロの機関投資家も投資対象に組み入れて資産規模が膨らんだ。相場急変の影響は大きくなり、株式などほかの資産との連鎖が懸念される。

代表的な仮想通貨の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1472文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン