/

この記事は会員限定です

保険大国、曲がり角? 金融庁が22年に暫定規制案

(更新) [有料会員限定]

新しいソルベンシーマージン比率規制は、金融庁にとっても1996年に導入以来の大仕事である。2021事務年度では保険監督の体制を見直し、国際議論を踏まえながら国内への円滑な適用を目指す「内外一体運営」を敷くことにした。22年に暫定的に規制案を固めるため、今後1年が官民ともに大事な一年になる。

金融庁は混乱をきたさないように何年も前からフィールドテストを実施し、適用した場合の影響を慎重に探ってきた。国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り535文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン