/

この記事は会員限定です

感染再拡大、マネー萎縮 米欧株は今年最大の下げ

[有料会員限定]

金融市場で新型コロナウイルスの感染再拡大に対する懸念が強まっている。19日は米欧株が2021年最大の下げを記録し、20日は日経平均株価も半年ぶりの安値をつけた。感染力が強いインド型(デルタ型)がまん延し、行動制限が強まるとの不安が広がる。米国などではワクチン接種も頭打ちで、コロナ禍収束による景気回復シナリオは修正を迫られている。

19日は米ダウ工業株30種平均が2%強下げたほか、欧ストックス600...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン