/

この記事は会員限定です

中国にREIT市場誕生 インフラ整備へ資金誘導

[有料会員限定]

中国でインフラを投資対象とする不動産投資信託(REIT)市場が始動した。9本が同時に上場し、時価総額は計約320億元(約5550億円)となった。中国は民間マネーの投入でインフラの整備を狙う。REIT市場の規模としてはアジアでインドや韓国に次ぐ9位。将来は36兆円規模と巨大市場に成長すると予想されている。

今回新規上場したのは、汚水処理場の運営で生まれる収益を投資家に分配する富国首創水務REITなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1850文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン