/

この記事は会員限定です

日本の交換業者発、騰勢ビットコインに2つの売り圧力

フィンテックエディター 関口慶太

[有料会員限定]

日本の暗号資産(仮想通貨)市場に交換業者発の2つの売り圧力がかかっている。最大手ビットフライヤー(東京・港)の証拠金取引の解消問題と、QUOINE(コイン、東京・千代田)のハッキング被害に伴う顧客資産の流出だ。足元で回復しつつあるビットコイン価格の重荷になりそうだ。

「1000億円程度の売り圧力になる可能性がある」。仮想通貨業界が気をもむのがビットフライヤーの第1種金融商品取引業の登録の行方だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン