/

この記事は会員限定です

第一生命、不動産投資でESG優遇 都心に木造ビル

[有料会員限定]

第一生命保険は不動産に投資する際にESG(環境・社会・企業統治)関連の物件を優遇する基準を導入する。ESG物件は収益性が高くリスクが低いとみて、投資判断の基準となる最低利回りのハードルを約1割下げる。優遇の第1号として東京都中央区に木造のオフィスビルを建設する検討に入った。

第一生命は不動産運用の投資基準として物件の用途、立地、面積、築年数などを加味して案件ごとに利回りを算出している。例えば東京都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り448文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン