/

この記事は会員限定です

マネー、実質利回り追う 「水没」で強まるリスク志向

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

インフレ懸念が高まるなか、世界の投資家の間で物価上昇を加味した「実質利回り」に注目が集まっている。米長期国債などの利回りがマイナス圏に「水没」する一方、プラスの株式やインフレ耐性の強い不動産や金にマネーが流入している。値動きの大きい暗号資産(仮想通貨)など高リスク商品への投資も増えており、反動の懸念もくすぶる。

金融商品を保有することで得られるリターンは利回りと呼ばれる。例えば預金なら金利が利回り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1609文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン