/

この記事は会員限定です

ガソリン価格、需要減でも高値 米リベンジ消費が波及

堀尾宗正

[有料会員限定]

日本のガソリン価格が騰勢を強めている。国内要因ではなく、米国のガソリン消費の増加だ。米国では夏場の「ドライブシーズン」に加えて、昨年我慢した反動の「リベンジ消費」が盛り上がっており、7月上旬には過去最高の週間ガソリン出荷量を記録した。日本では東京都に緊急事態宣言が発令されるなど需要は鈍い。「需要減でも高値」の構図はしばらく続きそうだ。

「6月はガソリン代だけで1万円以上の出費だった」。愛知県で給油...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン