/

この記事は会員限定です

米ブラックストーン、都ホテル改装へ コロナ後にらみ

(更新) [有料会員限定]

米投資ファンドのブラックストーンは近鉄グループホールディングス(GHD)から10月に取得したホテルを改装する。投資額は最大で数十億円を見込む。今後、新型コロナウイルス禍で落ち込んだ観光需要の回復をにらみ施設の集客力を高める。海外のホテルで蓄積した旅行客に関するデータを近鉄GHDの他の施設にも生かし、ホテル事業全体の収益拡大を後押しする。

ブラックストーンが取得したのは近鉄GHDの24ホテルのうち「都ホテル京都八条」(京都市)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り886文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン