/

この記事は会員限定です

日本株、米消費懸念で動揺 キッコーマンやセブン&アイ

[有料会員限定]

米国消費への懸念が日本株を揺らしている。19日は米国でビジネスを展開し、米国の売上高比率が高い小売りや食品などの下げが目立った。米国の小売株の業績が市場予想を下回ったことがきっかけだ。景気に左右されづらいとして堅調だったディフェンシブ株にも売りが波及している。

米国売上高比率が約5割のキッコーマンは2.4%安、セブン&アイ・ホールディングスは4%安だった。セブン&アイは2021年

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り500文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン