/

この記事は会員限定です

個人年金保険、思わぬ課税も 契約や受け取り方で差

[有料会員限定]

「個人年金保険でもらう年金に税金がかかると聞いたのですが」。生命保険文化センターが設置する無料電話相談にこんな問い合わせが最近相次いでいる。個人年金保険は私的保険の一つ。保険料を一定期間払い込み、60歳や65歳など契約の際に決めた年齢になると保険金を受け取れる。

1990年代や2000年代前半ごろ契約し、受取時期を迎えている人が保険会社から届く書類で課税されることに気付くケースが目立つという。「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1748文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン