/

この記事は会員限定です

投資家、生物多様性への注目が急上昇 QUICK・ESG研調査

[有料会員限定]

QUICKのESG研究所が日本に拠点を置く機関投資家を対象に実施したESG(環境・社会・企業統治)投資実態調査によると、エンゲージメント(対話)で重視するテーマとして「生物多様性」が前回調査から急上昇した。国際会議などで取り上げられることが増えたためだ。日本株の運用残高のうちESG投資の割合は7割と上昇したものの、投資家による二極化がみられた。

ESG研究所が2021年8~10月に投資家157社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り344文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン