/

この記事は会員限定です

みつけた!サナギ銘柄 市場再編で万年割安の殻破るのは

[有料会員限定]

「配当性向を50%とする」――。東証1部上場の合成繊維大手、GSIクレオスによる4日の適時開示が市場で話題となった。11月の中間決算発表時に公表を予定する中期経営計画の要点を「骨子」として先行発表したのだ。目標値は前期実績(18.6%)を大幅に上回る。

2008年のリーマン・ショック以降、PBR(株価純資産倍率)1倍割れが続いていたクレオスが大胆な行動に踏み切った背景にあるのは、来年4月に控える東京証券取引所の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3093文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン