/

この記事は会員限定です

起業資金、広がるデットファンド 調達を多様化

[有料会員限定]

スタートアップ企業に融資や社債などデット(負債)性の資金を提供する「ベンチャーデットファンド」が増えている。マネーフォワード系などが新設したほか、大和証券グループ本社もファンドの組成を検討している。銀行の融資に比べ機動的な資金調達を可能にする。調達手段の多様化で新興企業を支援する動きが広がってきた。

マネーフォワード子会社などが出資するSDFキャピタルは新興企業向けの「スタートアップ・デットファ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1175文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン