/

この記事は会員限定です

中国経済崩壊論を再考する 越智幹文氏

国際協力銀行環境審査室室長

[有料会員限定]

中国は何度も経済崩壊論が語られてきたが、曲折を経ながらも成長を遂げ、2020年時点の国内総生産(GDP)は1位の米国に肉薄する2位だ。中国崩壊論について、経済成長の制約要因とされる「人口減少」と「過剰債務問題」の2つの面から考えたい。

人口構造の変化は個人所得が十分伸びる前に少子高齢化が到来する「先老未富」が危惧されているが、多くの国が直面している問題だ。中国では①現在の著しく低い労働生産性②特...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン