/

この記事は会員限定です

迫る気候リスク開示、TCFDって何? 企業は人材争奪も

気候リスク開示始動㊤ 東証プライム、来春実質義務化

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

投資家が気候変動対応で上場企業を選別する時代が来る。2022年春から東京証券取引所に上場する一部企業で気候リスク情報の開示が実質的に義務付けられる。温暖化ガスの排出量や気候変動に伴う損失といった情報開示を迫られるが、企業の制度への理解は進んでいない。水面下では実務を担う専門人材の争奪戦も起きている。

「TCFDとは一体何なのか」「何から取り組めば良いかわからない」。都内の大手コンサルティング会社で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1566文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン