/

この記事は会員限定です

REIT、オフィス型に再評価機運 物件の稼働率低下に歯止め

大型も分配金に期待

[有料会員限定]

堅調な不動産投資信託(REIT)市場で、オフィス型を再評価する機運がじわりと広がっている。新型コロナウイルスの影響による稼働率の低下に一足早く歯止めがかかったことで、中小型オフィスで構成するREITの投資口価格の上昇が目立つ。物件売却益が膨らむ大型オフィスREITでは分配金への期待が高まっている。

「中小型オフィスREITの買い持ち高を少しずつ増やしている」。しんきんアセットマネジメント投信の藤原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン