/

この記事は会員限定です

日銀、21年度の物価見通し下げ検討 携帯値下げで

[有料会員限定]

日銀は26~27日に開く金融政策決定会合で2021年度の物価見通しを引き下げる検討に入った。新型コロナウイルスの感染再拡大で経済の下振れ懸念がくすぶるうえ、携帯電話料金の引き下げが物価を大幅に押し下げるとみるためだ。新たに示す23年度の物価見通しも2%目標に届かないとの予測を出す方向だ。

金融政策は、コロナ禍に対応した企業の資金繰り支援や市場の安定に向けた大規模な金融緩和策を維持する見通しだ。3月の決...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン