/

この記事は会員限定です

「米国株信仰」個人に根強く 円換算なら最高値

小池颯

(更新) [有料会員限定]

個人投資家の米国株買いが根強い。米国株式インデックス投資信託の流入額は7月まで9カ月連続で1000億円を上回った。円換算ではパフォーマンスが安定しており、「円建てS&P500種株価指数」は過去最高値を更新した。景気減速懸念が強まるが、株安リスクは気にしない。リーマン・ショックなど危機を乗り越えて上昇を続けた米国株の成長力への信頼は高いようだ。

「長期では米国株は伸び続けているから、細かく

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スクランブル

株式市場の日々の動きと要因、見通しなどを緻密な取材を元にわかりやすく分析、解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン