/

この記事は会員限定です

脱炭素実現へ2つの視点

十字路

[有料会員限定]

日本を含む各国政府が2050年までに二酸化炭素の排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル(炭素中立)」を宣言し、「脱炭素」が一大潮流となった。日本がこの炭素中立目標を達成するには、従来の延長線上の方策だけでは不可能で、非連続なイノベーションが必要不可欠である。だからがんばってイノベーションを起こそうという論調になっている。だが、根性論や神風待望の姿勢では、その実現は心もとない。

日本が本気で脱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り539文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン