/

この記事は会員限定です

「リード株主」成立の条件

十字路

[有料会員限定]

2月17日付の拙考「政策保有株 企業経営の支えに」は反響をいただいた。本紙・経済教室では「再考・政策保有株」が連載され、小林慶一郎慶大教授から「『リード株主』を創設せよ」、楠木建一橋大教授から「厄介ものを『白鳥』にする」が寄稿された。

論考群の着眼点は一貫している。金融機関の政策保有株式は、企業の本源的価値向上を促すエンゲージメント投資に転換しうるという主張だ。具体策としても政策保有株をエンゲー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン