/

この記事は会員限定です

「緩和相場の終焉」警戒強める 世界で株安連鎖

(更新) [有料会員限定]

18日に公表された7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨では年内のテーパリング(量的緩和の縮小)開始が示唆された。株式市場では緩和相場の終焉(えん)を警戒する形で米国から日本、欧州へと売りが連鎖的に広がった。「9月決定・11月の縮小開始」に向け、株式市場は不安定な局面を迎えそうだ。

「市場関係者にテーパリング開始への覚悟を求めた」。インベスコ・アセット・マネジメントの木下智夫グローバル・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン